中古車を購入する際に必要な書類

中古車を購入すると、その車の所有者・使用者を変更するための手続き『所有者変更登録手続き』が必要となります。

産経デジタルの最新情報ならこちらを参考にしてください。

所有者変更登録手続きを行わなければ、中古車の所有権を第三者に主張することはできないのです。


この手続きは新所有者の住所地を管轄する陸運局(軽自動車の場合には軽自動車検査協会)で行います。名義変更登録手続きの際には、様々な書類が必要となります。まず、旧所有者(車を売却した人)から発行してもらう書類として、譲渡証明書(軽自動車の場合は不要)と委任状があります。そしてこれらの書類には旧所有者の実印が必要ですので、必然的に印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)も必要となります。

一方、新所有者が用意しなければならない書類としては、住所証明書(住民票など)が必要となります。

また、登録手続きを他の人に依頼する場合には、委任状と印鑑証明書を用意しなければなりません。
これらの書類を用意して、陸運局(あるいは軽自動車検査協会)に申請書と提出すると、その日のうちに中古車の所有権移転登録は完了します。



行政書士などの専門家に依頼してもよいが、個人でも行うことのできる簡単な手続きとなっています。
なお、県外から中古車を購入した場合には、車両番号(ナンバープレートに表示されている番号)の変更が必要となります。

その際には軽自動車以外の車両はナンバープレートの封印を行わなければなりませんので、車両そのものを陸運局に持ち込むことになります。